MENU

 新しい彼を見つけたと告白されて、結局は破局してしまった私たちの関係。
それをなかなか受け入れることもできずに、前彼とのことを引きずりまくってしまっていたんです。
なかなか立ち直れないでいたし、新しい恋愛をするような出会いもみつける事ができませんでした。
そんな私を見かねたのは、キャンパスの友人が食事に誘ってきたんです。
「たまには学食じゃないところで食べない?」
そう言われたので、キャンパス近くにあるお店まで行って食事を食べることになりました。
「元気ないけど大丈夫?」
私の事を気遣ってくれているみたいで、嬉しい気持ちになってしまいました。
実は彼女も私と同じように、数ケ月前に彼氏と別れたばかりだったのです。
だからきっと私の気持ちがよく分るのかな?って感じがしました。
友人に気を遣ってもらって何となく少しほっとした気分となって、キャンパスの外での食事を楽しむことにしたんです。
パスタとピザを注文して、2人で分けながら食事を楽しんで行きました。
彼女は彼氏と別れた後なのにとても明る表情をしているので、本当に立ち直るのが早いんだなって感じがしていました。
私も早く立ち直りたいけれど、なかなか気持ちが前向きにはなりませんでした。
ちょっと時間があると前彼との素晴らしい時間を思い出してしまいます。
新しい出会いを見つければそんなこともなくなるのだろうけど、女子大に通っているためになかなかチャンスを掴むことができません。

こうなったらやけ食いかななんて思いながら、パスタとピザをおいしくいただいてきました。
友人との話も弾んで行き、何となく気分も少し良くなっていく感じがしました。
しかしこのランチの席で、友人からビックリしてしまうような発言が飛び出してきてしまったのです。
まさか彼女が…って感じでした。